「 エクセルVBA 」一覧

エクセルVBAで集計や並び替えを使わず1行おきに空白行を一括で挿入する方法

エクセルVBAで集計や並び替えを使わず1行おきに空白行を一括で挿入する方法

エクセルシート上に入力されたデータの見栄えを整えたりする時などに、1行おきに空白行を入れたいケースがあると思います。Ctrlキーでを使う方法、並び替えを行う方法などがありますが、大量のデータでは非常に時間がかかります。そこでエクセルVBAで一括で空白行を入れる方法を紹介します。

エクセルVBAで条件付き書式を使わず1行おきに色を付ける方法

エクセルVBAで条件付き書式を使わず1行おきに色を付ける方法

大量のデータが入った表などをエクセルで表示させると、背景色が一色だとどこまでデータを見ていたのかわかりずらいことがあります。そこで1行おきに色をつけて見やすくするというアイデアがあると思います。条件付き書式とエクセルの数式を組み合わせる方法でなく、VBAで実現する方法を紹介します。

エクセルVBAで空白行を削除しないでまとめて一括非表示で隠す方法

エクセルVBAで空白行を削除しないでまとめて一括非表示で隠す方法

エクセルのワークシートにある空白行を取り除きたい場合があると思います。削除はしないで非表示にしたという場合1つ1つ行を選択して非表示にするのは大変な作業ですよね。そこで今回はエクセルのVBAのhiddenプロパティを使って、空白行を非表示にする方法を紹介します。

エクセルVBAのReplace関数でセルの文字列内の空白をまとめて一括削除する

エクセルVBAのReplace関数でセルの文字列内の空白をまとめて一括削除する

Replace関数を使うと文字列の置換を行うことができます。Trim関数では文字列の前後の空白を削除することはできても、文字列内にある空白は削除できません。置換するわけではなく削除したい場合、置換後の文字列を何も指定しないで""とすることで、検索文字列を削除したことになります。

エクセルVBAでセル内文字列の前後の空白をまとめて一括で削除する方法

エクセルVBAでセル内文字列の前後の空白をまとめて一括で削除する方法

ワークシートの体裁を整えたり、他のアプリケーションにデータを取り込みたいときなど、文字列の前後の空白邪魔になることがあると思います。前後の空白を削除することはTrim関数を使ってワークシート内でもできるのですが、毎回入力するのは面倒ですよね。そこでVBAを使って一括で削除できるテクニックを紹介します。

エクセルVBAでできることはこんなにある!他のアプリケーションとの連携で発揮する真の実力

エクセルVBAでできることはこんなにある!他のアプリケーションとの連携で発揮する真の実力

エクセルVBAは他のアプリケーションと連携することで様々な業務を効率化できます。特にデータベースと連携することで必要なデータを抽出した後に、体裁を整えてエクセルファイルで出力するなんてこともできちゃいます。またWEBスクレイピングのようなWEBサイトの情報を収集するツールとしても使えます。

レクタングル大336×280
レクタングル大336×280