「 Amazon Echo 」一覧

Amazon EchoとEcho dotの大きさや機能を比べてみる

Amazon EchoとEcho dotの大きさや機能を比べてみる

EchoとEcho dotでできることは同じです。何が違うのかというとスピーカーの違いだけなんですね。上の写真でもわかるとおり、Echoのスピーカー部にウーファーとツイーターが内蔵されています。音質にこだわらない場合や外部スピーカーにつなぐという場合はEcho dotで十分かもしれませんね。

Amazon Echo同士で家の中や遠隔地で通話する方法

Amazon Echo同士で家の中や遠隔地で通話する方法

コール機能を有効にする設定が終わったら、デバイス名を編集します。初期設定では○○さんのEcho、○○さんのEcho spotなどの名前がついています。この名前を呼びやすい名前に変更します。たとえば「リビング」「シンシツ」とかいうように置いてある場所の名前などにします。

TP-LinkのスマートプラグとAmazon Echoをスマートホームでリンクさせる方法

TP-LinkのスマートプラグとAmazon Echoをスマートホームでリンクさせる方法

TP-LinkのスマートプラグとAmazon Echoをスマートホームでリンクさせる方法を解説します。スマートプラグとAmazon Echoをリンクさせれば、音声コマンドで電灯をつけたり、テレビの電源を入れたりといったことができるようになります。生活がとっても便利になるのでぜひ試してみてください。

KasaアプリからTP-Linkのスマートプラグのスケジュールやタイマー設定をする方法

KasaアプリからTP-Linkのスマートプラグのスケジュールやタイマー設定をする方法

Kasaアプリからのスマートプラグのスケジュールやタイマー設定をする方法を紹介していきます。スケジュール設定を使えば指定した時刻に電源をONOFFすることができるので、使い方の幅がグッと広がりますよ~。おでかけ機能についてはセキュリティー対策で、ランダムに電灯をつけたり消したりする機能です。

TP-LinkのスマートプラグのWiFi設定方法を初心者向けに解説

TP-LinkのスマートプラグのWiFi設定方法を初心者向けに解説

スマートプラグとはスマホから家電のスイッチをONOFFすることができちゃう便利なデバイスです。特に便利なのが、何分後に電源を切る、入れるという指定ができるタイマー機能、指定した時刻になったら電源を入れることができるスケジュール機能です。Amazon Echoと連携できるのも魅力的なところですね。

Amazon Echoは視覚障害者の生活を便利にするアイテム

Amazon Echoは視覚障害者の生活を便利にするアイテム

視覚障害がある母の生活が少しでもラクになればとAmazon Echoをプレゼントしました。スイッチ入れたり音量調整時に本体のある場所までいかなくてよいのが便利だと大変喜んでました。アレクサアプリの音声履歴を見れば、母とアレクサとの会話がいつでも見れるので生活の様子を確認することができます。

Amazon Echoのスリープタイマーとおやすみモードの設定方法

Amazon Echoのスリープタイマーとおやすみモードの設定方法

Amazon Echoのスリープタイマーとおやすみモードの設定方法を紹介していきます。どちらも寝ているときに使う便利な機能なのでぜひやり方を覚えて使ってみてください。スリープタイマーとは寝る時にかけるタイマーのことで、指定した時間が経過すると自動的に音楽再生をストップしてくれる機能です。

レクタングル大336×280
レクタングル大336×280