「 エクセルVBA 」一覧

エクセルVBAで日付の曜日を判定してセルに入れる方法【日付変換】

エクセルVBAで日付の曜日を判定してセルに入れる方法【日付変換】

今月の日付と曜日をワークシートに自動で入力するエクセルVBAプログラムの紹介です。日付だけでなく曜日まで入れられるようになるとグッと実用性がアップしてきますよね。スケジュール表や業務進捗表などを作るときに役に立つと思います。縦並びだけでなく横並びも選べるようにしました。

エクセルVBAでDateSerial関数で今月の日付を取得してワークシートに入れる方法

エクセルVBAでDateSerial関数で今月の日付を取得してワークシートに入れる方法

業務でエクセルを使っていると日付を入れたケースがよくありますよね。例えばスケジュール表を作っているときなどです。そこでDateSerial関数で今月の日付を取得してワークシートに入れる方法を紹介します。これから何回かに渡って日付や曜日を自動で入力するツールを作成していきます。

エクセルVBAでダイアログボックスを表示させ複数ファイルを1度に開く方法

エクセルVBAでダイアログボックスを表示させ複数ファイルを1度に開く方法

ダイアログボックスから複数ファイルを1度に開く方法を紹介します。複数のファイルを処理をすることができるようになると色々と便利に使えます。例えば月ごとの勤務時間管理表を一度に読み込んで年間の集計表を作る、なんてことができます。このように業務が劇的に効率化できちゃうんですね~。

エクセルVBAでダイアログボックスを使ってファイルを非表示で開く方法

エクセルVBAでダイアログボックスを使ってファイルを非表示で開く方法

ダイアログボックスを表示させてエクセルファイルを非表示で開く方法を紹介します。プログラムからエクセルファイルを開きたいけど、画面に表示させないでシート上のデータだけを取得したいという場合に役に立つ技です。Visibleプロパティを使うことでファイルを非表示にすることができます

エクセルVBAでダイアログボックスを表示させ特定のファイルを1つだけ開く方法

エクセルVBAでダイアログボックスを表示させ特定のファイルを1つだけ開く方法

エクセルVBAを使ってエクセルファイルを開く方法はアプリケーションを作っていくときに基本となる技です。業務効率化ツールを例に挙げても、まずはエクセルファイルを読み込ませて、そのデータを直接加工したり、参照したりする場合が圧倒的に多いので覚えておくと便利です。

エクセルVBAで連続置換時に置換前と後の文字列を比較する方法

エクセルVBAで連続置換時に置換前と後の文字列を比較する方法

連続して文字列を置換したときに、置換する前の文字列と比較したいと思ったことはありませんか?Selection.CopyメソッドとSelection.Insertメソッドを使用して「置換前と後の文字列を比較する方法」を紹介します。置換表の定義が間違っていた場合、原因を探す手がかりになりますよね。

エクセルVBAで同じデータが切り替わる項目ごとに空白行を挿入する方法

エクセルVBAで同じデータが切り替わる項目ごとに空白行を挿入する方法

エクセルシートの見栄えを整えていると項目ごとに空白を入れたいっていうケースがあると思います。そこで今回はVBAを使って「項目ごとに空白行を挿入する」プログラムを作っていきます。職場など複数人で作業する場合、エクセルの集計機能などを使うより便利だからです。

エクセルVBAで集計や並び替えを使わず1行おきに空白行を一括で挿入する方法

エクセルVBAで集計や並び替えを使わず1行おきに空白行を一括で挿入する方法

エクセルシート上に入力されたデータの見栄えを整えたりする時などに、1行おきに空白行を入れたいケースがあると思います。Ctrlキーでを使う方法、並び替えを行う方法などがありますが、大量のデータでは非常に時間がかかります。そこでエクセルVBAで一括で空白行を入れる方法を紹介します。

エクセルVBAで条件付き書式を使わず1行おきに色を付ける方法

エクセルVBAで条件付き書式を使わず1行おきに色を付ける方法

大量のデータが入った表などをエクセルで表示させると、背景色が一色だとどこまでデータを見ていたのかわかりずらいことがあります。そこで1行おきに色をつけて見やすくするというアイデアがあると思います。条件付き書式とエクセルの数式を組み合わせる方法でなく、VBAで実現する方法を紹介します。

レクタングル大336×280
レクタングル大336×280