Amazon Echoアレクサを外出先から操作して家族への伝言を喋らせる方法

こんにちは~。「デザインもできるシステムエンジニア」のあつもり(@atumori17)です。AIのお勉強ということでスマートスピーカーを試しまくっている毎日です。

前回はアレクサとの会話録音の履歴を聴く方法を説明しました。

Amazon Echoアレクサとの会話録音の履歴を音声で聴く方法
Amazon Echoのアレクサとの会話録音の履歴を聴く方法を紹介していきます。実は「アレクサ」というコマンドを言ったあとの会話は録音されてクラウドサーバー上に保存されています。この会話履歴をアレクサアプリから自由に再生、削除することができるんですね。

今回はアレクサを外出先から操作して家族への伝言を喋らせる方法を紹介していきます。

今日は夕方から雨の予報なのに、布団をとりこんでくるのを忘れた!長男が帰ってきたら取り込んでほしいけど、これから夕方まで会議だから電話もできない・・

そんなときはアレクサの出番!アレクサに伝言してもらえばいいんですっ。

レクタングル大336×280

アレクサのリマインダー機能

アレクサを外出先から操作して喋らせるにはリマンダー機能を使います。そこでまずはリマインダー機能とは何かの説明をしていきます。

リマインダー機能とは、やらなければいけない事など指定した時間に音声で知らせてくれる機能です。

例えば

あつもり

アレクサ 今日の午後3時に布団をとりこむ のリマインダー

アレクサ

では午後3時にリマインダーをセットします

そして午後3時になると

アレクサ

布団をとりこむ のリマインダーです

というふうに音声で教えてくれるんですね。タイマーと似ていますがタイマーは音で通知するのに対して、リマインダーは言葉で教えてくれます。

アレクサアプリを使ってリマインダーをセットする

それでは遠隔操作してリマインダーをセットする方法を説明していきます。外出先ではアレクサに喋りかけるわけにはいきませんから、スマホからアレクサアプリを使います。

アレクサアプリを開き、画面左上のメニューをタップします。メニュー一覧が表示されたら「リマインダー&アラーム」をタップします。

リマインダー画面が表示されたら「リマンダーを追加」をタップします。

「リマインダーの内容」にはアレクサに喋らせたい言葉を入力します。「繰り返し」は日にち単位での指定ができます。例えば毎日とか毎週火曜日だけとかいうような設定が可能です。

続いて「日時」「時刻」を入力し、デバイスがEchoになっていることを確認し「保存」をタップします。

すると一覧にさきほど作成したリマインダーが追加されました。これでOKです。

指定した時刻になると、

アレクサ

布団をとりこんでくれる のリマインダーです

というようにお知らせしてくれますよ~。



リマインダーは2回だけ

アレクサが音声でやることを教えてくれるのは2回だけです。ここがポイントなんですが、だれかが確実に家にいる時間にセットしないと、誰も聞いてくれる人がいないため意味がないんですね~

あとは同じリマインダーを複数作って、10分おきに通知するようにセットしておくというような工夫が必要になります。

リマインダーの伝言が伝わったかを確認する方法

残念ながらLINEの「既読」のように、リマインダーの伝言が相手に伝わったかどうかを確認する手段はありません。

ただこれは工夫することで実現できます。リマインダーを聴いた相手は必ずアレクサに「アレクサ 伝言ありがとう」などと言うルールを家族内で作っておくことです。アレクサからしてみれば「なんのこっちゃ?」って感じでしょうけどね。

あつもり

アレクサ 伝言ありがとう

アレクサ

ちょっとよくわからなかったです。ごめんなさい・・

そうすれば設定からアクレサとの会話履歴をみることができますので、そこで確認できるというわけです。

会話履歴を見る方法はこちらの記事でご覧ください。

Amazon Echoアレクサとの会話録音の履歴を音声で聴く方法
Amazon Echoのアレクサとの会話録音の履歴を聴く方法を紹介していきます。実は「アレクサ」というコマンドを言ったあとの会話は録音されてクラウドサーバー上に保存されています。この会話履歴をアレクサアプリから自由に再生、削除することができるんですね。

さいごに

いかがでしたか?今回はAmazon Echoアレクサを外出先から操作して家族への伝言を喋らせる方法を紹介しました。家族がいる人は使いかたはとっても便利なので、ぜひ試してみてください。

レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする