Amazon EchoとEcho dotの大きさや機能を比べてみる

こんにちは~。「デザインもできるシステムエンジニア」のあつもり(@atumori17)です。AIを賢くするために今日もアレクサに話しかけていますっ。

今回はAmazon EchoとEcho dotの大きさや機能を比較してみたので紹介していきます。

レクタングル大336×280

高さ・直径・重さの比較

下の画像はEcho本体を上から見た写真です。Echo dotのほうが少しだけ直径が短いですが、ほぼ同じですね。重さはEchoのほうが5倍も重くなってます。

高さはEchoのほうが約5倍高くなってます。Echoは本体もほとんどがスピーカーという設計になっているためです。

電源の違い

EchoとEcho dotでは電源が少し違います。上がEchoで下がEcho dotの電源です。Echo dotはMicro USBポートなのでパソコンのUSB端子からでも電源を取れるのが良いところですよね。

機能の違い

EchoとEcho dotでできることは同じです。何が違うのかというとスピーカーの違いだけなんですね。上の写真でもわかるとおり、Echoのスピーカー部にウーファーとツイーターが内蔵されています。

ウーファーは低音、ツイーターは高音を再生するスピーカーユニットのことです。なのでEchoとEcho dotの違いは音質の違いということです。Echoのほうが重低音が効いた迫力のある音が出ます。また最大音量もEchoのほうが大きいです。

Echo dotは音量を上げれば上げるほどシャリシャリとした音になります。

EchoとEcho dotの違いを表にしてました。

Echo Echo dot
直径 8.8cm 8.4cm
高さ 14.8cm 3.2cm
重さ 821g 163g
音質 低音が強い 低音が聴こえづらい
音量 かなり大きめの音が出せる あまり大きい音は出せない
音声反応 敏感 やや鈍感かも?

音質にこだわらない場合や外部スピーカーにつなぐという場合はEcho dotで十分かもしれませんね。

あとちょっと感じたのが、Echoのほうが「アレクサ」という呼びかけに対する反応が良い印象を受けました。

Echo dotは「アレクサ」って言っても反応してくれない場合がありました。これは個体差や置き場所、部屋の広さ、音響なども影響してくると思うので正確なことは言えませんが。

さいごに

いかがでしたか?Amazon EchoとEcho dotの大きさや機能を比較して紹介しました。どちらを買うか悩んでるかたにはEcho dotをおすすめしま~す。

レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする