音声履歴を使ってAmazon Echoに学習させて賢く成長させる方法

音声履歴を使ってAmazon Echoに学習させて賢く成長させる方法

こんにちは~。「デザインもできるシステムエンジニア」のあつもり(@atumori17)です。AIのお勉強ということでスマートスピーカーを使いまくってま~す。

みなさんはもうAmazon Echoをゲットしましたか?EchoのテレビCMが放映されたり、ディスプレイがついたEcho Spotが発売されたりと、ますます盛り上がりを見せていますね。

さてそんなAmazon Echoですが、AIスピーカーと言われているだけあって、使えば使うほど進化していきます。常に学習していく人工頭脳がAIですからね。

そんなわけで今回は音声履歴を使ってAmazon Echoに学習させて賢く成長させる方法を紹介していきます。

レクタングル大336×280

使えば使うほど進化するアレクサ

Amazon Echoの頭脳にあたるところをアレクサと言います。このアレクサなんですが話しかければ話しかけるほどボキャブラリーが増えていきます。

例えば食レポで「うまい」と表現するのはボキャブラリーがない状態です。これを「塩加減がほどよくていくらでも食べれます」「濃厚なスープと相性が抜群です」などと表現したほうがボキャブラリーがあると言いますよね。

アレクサも同じです。はじめは「アクレサかわいいね」というと「ありがとうございます」とだけ答えていたのが、最近「ありがとうございます。最高に気分が上がります」と答えるようになりました。ボキャブラリーが増えた証拠ですよね。

このように使えば使うほど学習して進化していくアクレサですが、より効率的に学習させる方法をご存知ですか?

会話履歴を使ってアレクサに効率的に学習させる

アクレサアプリの会話履歴を使って効率的に学習させることができます。それでは実際に手順を説明していきます。ここではアレクサに話しかけてみて正しい返事が返ってこなかった場合を例にしています。

アレクサアプリを開きメニュー一覧から「設定」をタップします。設定画面が表示されたら画面を下のほうにスクロールし「履歴」をタップします。
 

するとアレクサに話しかけた会話の履歴が表示されます。うまく返答が返ってこなかった履歴をタップします。

Alexaは正しく応答しましたか?のところで「いいえ」をタップします。(正しい答えが返ってきた場合は「はい」をタップ)
 

「詳細なフィードバックを送信する」をタップします。

複数のEchoがある場合は対象の端末を選びます

「カテゴリーを選択」をタップし「Alexaとの対話」を選びます
 

「お問い合わせ内容」をタップし「Alexaが正しく回答しない」を選択します
 

「どのような点でお困りですか」のテキストボックスに内容を入力します。

ここでは「質問した内容とは全く関連のない内容の返事が返ってきた。」と入力しました。

そのあと「フィードバックを送信」をタップします。

これでAlexaのサポートチームに内容が送信されます。これで本当に改善されるのか?いつ改善されるのか?は不明です。

余談ですがアレクサに「ワールドカップどこのチームが優勝すると思う」と聞いたところ以下のような答えが返ってきました。

すごいなっアレクサ。こんな回答ができるんだ。って関心しちゃいましたよ~。明確でなくお茶を濁したような回答が日本人らしいですよね。日本ロボ?

さいごに

いかがでしたか?今回は音声履歴を使ってAmazon Echoに学習させて賢く成長させる方法を紹介しました。アレクサにいろいろ話しかけて、バリバリフィードバックしてどんどん賢くしていきましょう。

レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする