エクセルで超便利なデータバーを使って数値を視覚化する方法

こんにちは~。「デザインもできるシステムエンジニア」のあつもり(@atumori17)です。このブログではAIスピーカーの使い方やエクセルVBAの情報などを発信しています。

エクセルには意外と知られていない便利な機能がたくさんあります。会議用の資料を作るときに表を使って売上データなどを作ることが多いと思います。その時に数値だけでなく、アイコンなどを使って視覚的に表現できたら見やすくなると思いませんか?

というわけで今回はエクセルで超便利なデータバーを使って数値を視覚化する方法を紹介します。

レクタングル大336×280

データバーで数値を見える化する方法

それではさっそくデータバーを使って数値を見える化していきましょう。

今回、下のようなお菓子の販売データを使用し、「販売数量」列にデータバーを設定してみます。

データバーを表示させたいセルをドラッグして選択状態にします。「ホーム」タブから「条件付き書式」をクリックします。

「データバー」をクリックし「塗りつぶし(グラデーション)」から「青のデータバー」を選択します。

販売数量列がデータバーで表示されました。データバーで数値を視覚化すると、一目で売れている、売れていない商品ばわかりますよね。これは便利です。

塗りつぶしは「グラデーション」と「単色」があります。グラデーションは一つの色から徐々に別の色に変わっていく塗りつぶし方法で、単色はその名のとおり、1つの色をベタ塗りします。

試しに「単色」を選択してみました。

単色でデータバーが表示されました。どっちを使うかは作る人の好みですね。

セルに設定したデータバーを削除するには次にのようにします。

「ホーム」タブから「条件付き書式」を選択します。「ルールのクリア」から「選択したセルからルールをクリア」をクリックします。「シート全体からルールをクリア」をクリックすると、他のセルの条件付き書式まで削除されてしまいますので注意してください。

データバーが削除されました。

数値は表示させないでデータバーのみ表示させる方法

「数値はいらないから、データバーだけ表示させたい」という場合、以下のようにします。

「条件付き書式」から「データバー」を選択し「その他のルール」をクリックします。

「新しい書式ルール」が表示されたら、「書式スタイル」の右にある「棒のみ表示」にチェックを入れます。「OK」ボタンをクリックします。

販売数量列から数値が消え、データバーだけが表示されました。

以上でデータバーを使って数値を見える化する方法の説明を終わります。

まとめ

いかがでしたか?今回はエクセルで超便利なデータバーを使って数値を視覚化する方法を紹介しました。さりげなくデータバーを使うと、一目置かれる存在になれるかもしれませんよ~。とっても簡単なのでぜひ試してみてください。

レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする