エクセルのホームタブのセルセクションの使い方【基本マニュアル】

こんにちは~。「デザインもできるシステムエンジニア」のあつもり(@atumori17)です。このブログではAIスピーカーの使い方やエクセルVBAの情報などを発信しています。

今回はエクセルのホームタブのセルセクションの使い方を説明します。

セルセクションではセル、行、列の幅を変更したり、挿入したりする機能があります。またシート全体に保護をかけて編集できないようにすることもできます。

レクタングル大336×280

ホームタブのセルセクションの各機能

ホームタブにあるセルセクションには次のような機能があります。

挿入 セル、行、列、シートを挿入します
削除 セル、行、列、シートを削除します
書式 セルのサイズを変更したり、シートに保護をかけたりします

このように大きく分けて3つの機能があります。

挿入の使い方

まずは挿入の使い方です。列や行を挿入したい位置にあるセルをクリックします。

ホームタブの「セル」から「挿入」をクリックします。「セルの挿入」をクリックします。

「セルの挿入」が表示されたら、「右方向にシフト」を選択し「OK」をクリックします。

セルが挿入され、もともと入っていたデータが右に移動しました。

「セルの挿入」画面で「下方向にシフト」をクリックすると、データが下にずれてセルが挿入されました。

「行全体」を選択すると、選択したセルの1つ上に空白行が挿入されます。

「挿入」から「シートの行を挿入」をクリックしても同じ動きです。

「列全体」を選択すると、選択したセルの1つ左に空白列が挿入されます。

こちらも「挿入」から「シートの列を挿入」をクリックしても同じ動きです。

「挿入」から「シートの挿入」をクリックすると、選択していたシートの左に空白のシートが挿入されます。

削除の使い方

続いて削除の使い方です。

削除したいセルをクリックしホームタブの「セル」から「削除」をクリックします。「セルの削除」をクリックします。

「削除」が表示されたら「左方向にシフト」を選択し「OK」ボタンをクリックします。

選択したセルが削除され、右にあったデータが左にずれました。

「上方向にシフト」「行全体」「列全体」の説明は省略します。

書式の使い方

次に書式の使いかたです。

書式を変更したいセルをクリックしホームタブの「セル」から「書式」をクリックします。「行の高さの自動調整」をクリックします。

フォントサイズにぴったり合うように行の高さが変更されました。

このように「書式」ではセルの幅や高さを変更することができます。

「書式」で設定できる項目は以下のようになります。

セルのサイズ
行の高さ 行の高さを変更します
行の高さの自動調整 文字サイズに合わせた行の高さに自動的に調整します
列の幅 列の幅を変更します
列の幅の自動調整 文字サイズに合わせた列の幅に自動的に調整します
既定の幅 標準の列幅を変更します
表示設定
非表示/再表示 行、列、シートの表示、非表示の設定をします
シートの整理
シート名の変更 シート名を変更します
シートの移動またはコピー シートの移動、コピーをします
シート見出しの色 シートのタブの色を変更します
保護
シートの保護 シートにロックをかけます
セルのロック ロックをかけるセルの設定をします
セルの書式設定 ロックをかけるセルの設定をします

まとめ

いかがでしたか?今回はエクセルのホームタブのセルセクションの使い方を説明しました。地味な機能ですが、けっこうよく使われるところなので、概要だけでも覚えておくとよいかもしれません。