エクセルのホームタブの数値セクションの使い方【基本マニュアル】

こんにちは~。「デザインもできるシステムエンジニア」のあつもり(@atumori17)です。このブログではAIスピーカーの使い方やエクセルVBAの情報などを発信しています。

今回はエクセルのホームタブの数値セクションの使い方を説明します。おもにお金の表記についての機能が多いので、会計などを担当されている人はぜひ覚えておきたいところです。

レクタングル大336×280

ホームタブの数値セクションの各機能

ホームタブの数値セクションには次のような機能があります。

①表示形式 数値の表示方法を選択
②通貨表示形式 通貨の表示形式を選択
③パーセントスタイル 少数をパーセント表示
④桁区切りスタイル 桁区切りを表示
⑤少数点以下の表示 小数点以下の表示桁数の調整

数値セクションには大きく分けて5つの機能があります。それでは順番に説明していきますね。

表示形式の使い方

まずは表示形式の使い方です。変更したいセルを選択しておき、「ホーム」タブの「数値」から「表示形式」のプルダウンをクリックします。

表示形式の一覧が表示されます。ここでは「通貨」を選択しました。

数値に\マークがつき、通貨形式で表示されましたね。

表示上は\100となりますが、実際のデータは100のままになります

通貨表示形式の使い方

次に通貨表示形式です。変更したいセルを選択しておき、「ホーム」タブの「数値」から「通貨表示形式」のプルダウンをクリックします。ここでは「$英語」を選択しました。

すると日本円表記からドル表記に変わりました。

プルダウンの一覧に使いたい通貨がなければ「その他の通貨表示形式」をクリックしてください。

パーセントスタイルの使い方

次にパーセントスタイルの使い方です。変更したいセルを選択しておき、「ホーム」タブの「数値」から「パーセントスタイル」をクリックします。

すると小数点表記だったのがパーセント表記に変わりました。

桁区切りスタイルの使い方

次に桁区切りスタイルの使い方です。変更したいセルを選択しておき、「ホーム」タブの「数値」から「桁区切りスタイル」をクリックします。

すると3ケタごとにカンマが表示されるようになりました。

小数点以下の表示の使い方

次に小数点以下の表示です。変更したいセルを選択しておき、「ホーム」タブの「数値」から「小数点以下の表示桁数を増やす」アイコンをクリックします。

小数点以下の表示桁数が増えました。アイコンをクリックするごとに桁数が増えていきます。

逆に表示桁数を減らしたい場合は右隣りにある「小数点以下の表示桁数を減らす」アイコンをクリックします。

最後に数値セクションの右下にある矢印アイコンをクリックしてみます。

「セルの書式設定」の表示形式タブが表示されます。ここで数値の表示形式をまとめて変更することができます。

以上でホームタブの数値セクションの各機能の説明を終わります。

まとめ

いかがでしたか?今回はエクセルのホームタブの数値セクションの使い方を説明しました。お金を扱う帳票作成時には必須の機能なのでぜひ覚えておきましょう。

レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする