エクセルで日付を自動生成して土日セルに色をつけるカレンダー

視力回復した人が開発した強度近視を治す方法

視力回復した人が開発した強度近視を治す方法

こんにちは!あつもりです。

Googleカレンダーなどの便利なアプリはたくさんありますが、エクセルでカレンダーを作りたい、という要望が多いです。

エクセルの良いところは、自由度が高いということ。カレンダーを作って、日報として使ったり、交通費や勤務時間の管理、売上管理、在庫管理、などいろいろな用途に使える。

なにより使い慣れているので操作に迷うことが少ない。これは業務で使ううえでとっても強力なメリットですよね。

「エクセルでカレンダーを作ってみよう。」

そう思ったときに、まず思いつくのが実際のカレンダーを見ながら日付を入力して、それに合う曜日を入力していく。そして見やすいように土曜日と日曜日のセルに色をつける。

だいたいこんな感じですよね。

この作業とっても面倒くさい。もし1年分作るとしたら、結構な時間がかかると思います。

そこで、今回は月日を入力するだけで簡単にカレンダーを作れるエクセルファイルを紹介します。

レクタングル大336×280

日付と曜日自動生成カレンダーのダウンロードと使い方

カレンダーファイルのダウンロードは無料です。こちらからご自由にどうぞ↓

リンクをクリックするとダウンロードされます。
日付曜日自動生成.xlsx

では日付自動生成カレンダーの使いかたを説明します。

ダウンロードしたファイルを開くと、あらかじめデータが入力されています。年月が入ったセルがありますので、ここに作成したい年月を入力しなおします。

例えば、2021年の2月のカレンダーを作りたい場合。

2021/2

と入力します。

年月を入力すると、自動的にその月のカレンダーが生成されます。曜日も自動的に生成され、土曜日は水色、日曜日はオレンジの網掛けがつきます。

なぜ自動生成されるかというと、各セルに関数が入っていて、年月セルに入力されたデータによって、各セルの日付が変わるようになっているからです。

曜日の網掛けは、土曜日だったら水色、日曜日だったらオレンジにするという、曜日セルに条件付き書式が設定されているからです。

次は、新しい月を追加する場合です。

先ほど作った2月のカレンダーの行全体を選択します。右クリックしてコピーをします。

2月のデータの下の空白行にコピーしたデータを貼りつけます。

さきほどと同じように、年月が入ったセルに、作成したい年月を入力します。

ここでは2021年3月のカレンダーを作りたいので、

2021/3

と入力しました。

月日が自動生成され、土日に網掛けがつきました。

同じようにして4月、5月のカレンダーを追加することができます。

まとめ

今回は日付と曜日を自動生成するカレンダーの紹介でした。

今回のカレンダーのように、エクセルの関数を使いこなすと、いろいろと便利なことができるようになります。

このカレンダーに使われている関数や条件付き書式の設定などを詳しく知りたいかたは、下の記事をご覧ください。

エクセルで年月を入れると自動で日付と曜日を表示させる方法
面倒なカレンダー作成を効率化する手順を紹介します。エクセルのTEXT関数を使って、年月を入れただけでその月の日付と曜日が表示されるようなシートの作り方を説明していきます。勤務表や作業日報、ガントチャート作成などに役立ててみてください。

レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする