Amazon Echoアレクサアプリで便利な定型アクションの使い方

こんにちは~。「デザインもできるシステムエンジニア」のあつもり(@atumori17)です。AIのお勉強ということでスマートスピーカーを試しまくっている毎日です。

今回はアレクサアプリの便利な機能のひとつ、定型アクションの使い方を説明します

定型アクションとは複数のタスクを1回の命令でやってくれる便利な機能です。使いこなせばさらにAmazon Echoの楽しみ方が広がりますよ~。

レクタングル大336×280

アレクサの定型アクションとは

定型アクションとはこんな感じです。

例えば

あつもり

アレクサ おはよう

アレクサ

おはようございます。今日も素敵ですね。

いやいや~。

アレクサ

今日の函館北斗市の天気はおおむね晴れです。

ふむふむ。

アレクサ

今日のフラッシュニュースを流します。

というふうに「アレクサ おはよう」と言っただけで、

  • あいさつをする
  • 天気予報を流す
  • ニュースを流す

という3つのタスクをしてくれたわけです。タスクの内容は複数の中から選べます。「アレクサ おやよう」というコマンドは自分の好きなように作ることができます。

アレクサアプリを定型アクションを作ってみる

それではさっそくアレクサアプリを開いて定型アクションを作っていきましょう。

  1. 実行条件の作成
  2. アクションの作成

という流れになります。

実行条件の作成

実行条件とはアレクサに話しかける言葉(コマンド)のことです。ここで作成したコマンドを言うと定型アクションが実行されます。

まずはメニューから「定型アクション」をタップします。画面が変わったら「定型アクションを作成」をタップします。

「実行条件」をタップ、「開始フレーズ」をタップします。

開始フレーズを入力します。ここでは「おはよう」と入力しました。入力し終わったら「保存」をタップします。




アクションの追加

アクションとはアレクサにやってもらうタスクのことです。スマートホーム端末の操作する、挨拶をさせる、ニュースを聞くなどのタスクを選択できます。

先ほどの画面で保存をタップすると、新しい定型アクションの画面に戻るので「アクションを追加」をタップし、「トーク」をタップします。

トーク画面から「フレーズ」をタップし「朝」をタップします。

フレーズ画面から「おはようございます。今日も素敵ですね。」をタップします。気分の良くなるようなスレーズを選びましょう~。

続いて「追加」をタップします。

実行条件画面に戻るので、さきほどと同じように「アクションの追加」をタップ、新規画面から「ニュース」をタップし「追加」をタップします。

実行条件画面に戻るので、さきほどと同じように「アクションの追加」をタップ、新規画面から「天気」をタップし「追加」をタップします。

今度は実行条件画面から「作成」をタップします。ここで「作成」をタップしないと今つくったアクションが保存されないので注意しましょう。

有効の欄に今作った定型アクションが追加されているのがわかります。

以上です。それではさっそくアレクサに「アレクサ、おはよう」と話しかけてみてください。

さいごに

いかがでしたか?上手く動きましたか?今回はアレクサアプリの便利な機能のひとつ、定型アクションの使い方を説明しました。スマートホーム端末と連携させて電気を付けるなんてころもアクションに加えられますよっ。ぜひ試してみてください。

レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする