ブログ用の文字数カウントツール【ブラウザ上で使える】

こんにちは~。「デザインもできるシステムエンジニア」のあつもり(@atumori17)です。このブログではAIスピーカーの使い方やエクセルVBAの情報などを発信しています。

今回はブログ運営者にとって便利な文字数カウントツールの紹介です。ブログのタイトル、メタディスクリプション、本文の文字数を調べるのにお使いいただけます。

レクタングル大336×280

ブログ用文字数カウントツール「カウン豚」

テキストボックスに文字を入力するか、コピーした文字を貼りつけてEnterキーを押してください。テキストボックスの下に赤太文字で文字数が表示されます。貼りつけた文字列の履歴などは保存してませんので安心してお使いください。

 カウン豚 Ver1.0.0

 ■タイトル
32文字前後が良いとされています。

■メタディスクリプション
120文字前後が良いとされています。

■本文
1000文字以上が良いとされています。

無料ブログは文字数が表示されないものが多い

SEOを対策をしている人はブログを書く時に文字数を意識しているかと思います。しかしこの文字数ですが、ワードプレスならエディタの下に表示されるので良いのですが、はてなブログやライブドアブログなどは表示されないので確認することができません。

これはとっても不便ですよね。Google Chromeのプラグインなどを導入すればカウントできるようにはなりますが面倒くさいですよね~。

ワードプレスも記事本文の文字数は表示されるのですが、タイトル、メタディスクリプションの文字数は表示されません。これはワードプレスのバージョンによって見れる場合もあります。

そんなわけでブログ運営者向けに、当ブログ上で簡単に文字数が確認できるようにしたというわけです。

文字数は検索結果の表示に影響する

タイトル、メタディスクリプションの文字数は検索結果の表示に影響します。ちなみにメタディクリプションとは検索結果のタイトルの下に表示される、サイトの説明文のことですね。

下の画像はGoogleの検索結果です。

タイトルは33文字にしているので、きちんと全ての文字が表示されています。メタディスクリプションは126文字なので、文章の最後の6文字程度が見切れています。

6文字程度なら意味がわかるので良いのですが、数十文字になると全く見てもらえないということになります。タイトルに関しても同じで長いタイトルをつけても終わりのほうは見切れてしまうわけです。

そのため

  • タイトルは32文字前後
  • メタディスクリプションは120文字前後

を目安にしてうまく文章をまとめたほうが、ユーザーに優しいということになりますよね。

本文に関してはSEOに有利になるからできるだけ文字数を多くするとか、最低1000文字以上は書いたほうがよいとか、さまざまな説がありますよね。

本文については正解はないと思います。この文字数だったらだめだとか、この文字数まで書けば有利だとかそういった明確な基準はないようです。

今までの経験から個人的な意見を書くとするなら、せめて1000文字以上はあったほうがよいと思います。それくらいのボリュームがないとユーザーのニーズに応えられる記事にならないというのが私の意見です。

ただ、少ない文字数でもWEB上にほとんど情報がないような内容であれば、それでOKだし、ユーザーのニーズに応えられる記事になるのではないかと思っています。

WEB上にほとんど情報がない内容はSEOをうんぬんを考えなくても自然とアクセスが集まりますよ~。こればかりは試してみないとわからないです。

ただしWEB上にない情報など、なかなか見付けられるものではないですけどね。ましてや自分自身が発信できる内容でないといけないわけですから。

まとめ

いかがでしたか?今回はブログ運営者向けにブラウザ上で使える文字数カウントツール「カウン豚」を紹介しました。ぜひ使ってみてください。私はこのツールを作るまではエクセルを開いてlen関数を入力して文字数を調べてました~。

レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする