Windows10でアイコンの左上にチェックボックスが表示される意味と消す方法

Windows10のアップデートなどをきっかけにして、アイコンの左側にチェックボックスが表示されるようになった、なんていう話をよく耳にします。

私も客先のパソコンで作業をしたときに、デスクトップのアイコンにチェックボックスが付いていたのを見たことがあります。

見慣れているアイコンとは違うのでなんか違和感がありますよね。でも消し方がわからないで困っているあなた向けに、Windows10のアイコンの左上のチェックボックスを非表示にする方法をお伝えしていきます。

とっても簡単ですぐにできるので、頑張って設定してみましょう。

レクタングル大336×280

Windows10のアイコンの左上のチェックボックスの意味

はじめに、なぜアイコンにチェックボックスがあるのかを簡単に説明しておきます。

その答えはズバリ、タブレット端末やタッチパネル対応のパソコンを快適に使うためだったのです。

複数のファイルを選択する場合、通常のパソコンだとマウスを使って、ドラッグして選択しますよね。ところがタブレット端末を使った場合、マウスがないためドラッグがやりにくいのです。

そこでチェックボックスの登場というわけです。チェックボックスのアイコンをポンポンポンとタップするだけで簡単に複数ファイルを選択できちゃうんです。

このように、チェックボックスはタブレット向けの便利機能だったということです。

タブレット端末を使わない場合でも、ドラッグ操作が苦手な人はチェックボックスを表示させたほうが使いやすいかもしれませんね。

そしてこのアイコンについているチェックボックスは、設定を変えることで表示と非表示を切り替えることができます。非表示の設定にしておけば、今までと同じようにチェックボックスがない状態で使えます。

Windows10のアイコン左上のチェックボックスを非表示にする手順

アイコンのチェックボックスを表示させる意味がわかったところで、Windows10でアイコンのチェックボックスを非表示にする手順を解説していきます。

チェックボックスが目障りだと思う人は次の手順で非表示にしてしまいましょう。

画面左下のスタートメニューを右クリックしてエクスプローラーをクリックします。

画面上に表示されたメニューの「表示」タブをクリックし「項目チェックボックス」のチェックをはずします。

これでアイコンのチェックボックスが消えます。

Windows7にもアイコンのチェックボックスがある

アイコンのチェックマークですが実はWindows7にもあります。せっかくなのでWindows7でアイコンのチェックマークを表示・非表示にする方法も紹介しますね。

画面右下のスタートメニューを右クリックしてエクスプローラーをクリックします。

画面上に表示されたメニューの整理をクリックし、フォルダーと検索のオプションをクリックします。

フォルダーオプション画面上の表示タブをクリックして「チェックボックスを使用して項目を選択する」にチェックを入れて、「OK」ボタンをクリックします。

Windows7でもチェックマークが表示されるようになりました!

以上でアイコンの左側にあるチェックボックスを表示、非表示にする方法の説明を終わります。

まとめ

今回はWindows10で「アイコンの左上にチェックボックスが表示される意味と消す方法」を紹介しました。

タブレットPC、タッチパネル対応のディスプレイを持っている人は、チェックボックスを表示させたほうが便利だと思うのでぜひ試してみてください。

以上おつかれさまでした~。