Windows10でURLショートカットの関連付けを変更してChromeで開く方法

こんにちは~。「デザインもできるシステムエンジニア」のあつもり(@atumori17)です。今日も業務効率化のアイデアを発信していきますっ!

みなさんはURLのショートカットファイルをダブルクリックしたときに、何のブラウザが起動しますか?Edge、Firefox、Chromeというように人それぞれだと思います。私は今までEdgeが起動していました。

でもいつも使用しているブラウザはChromeなため、Edgeが起動するのが煩わしくて仕方ありませんでした。そこでChromeで起動するように設定を変更したら作業がグッとラクになったんです。

もっと早くに設定変更していればと後悔していますっ。そんなわけで同じように困っている方のために「Windows10でURLショートカットの関連付けを変更してChromeで開く方法」を紹介したいと思います。

レクタングル大336×280

URLショートカットとは

関連付けの変更の説明に入る前にURLショートカットとは何か?を簡単に説明しますね。

URLショートカットとはWEBサイトを開くためのショートカットファイルです。下図の左側にあるアイコンがそれにあたります。このファイルをダブルクリックするとブラウザが起動しWEBサイトが開くというわけですね。

ダブルクリックするとEdgeが起動しYouTubeが開きました。

URLショートカットは下図のようにアドレスバーのアドレスをデスクトップなどにドラッグアンドドロップすると作られます。下図はChromeでURLショートカットを作ってみた例です。



ファイルの関連付けを変更する

それではファイルの関連付けを変更してみます。関連付けを変更することでURLショートカットをダウブルクリックしたときに、EdgeではなくChromeで起動するようになります

画面左下のスタートメニューを右クリックし「コントロールパネル」をクリックします。

コントロールパネルが表示されたら、画面右上のカテゴリから「大きいアイコン」をクリックします。

続いて画面左下の「プログラム」をクリックします。

「プログラム」が開いたら「既定のプログラムの設定」をクリックします。

画面左のプログラムの一覧から「Google Chrome」をクリックします。画面右下の「既定でこのプログラムを開く項目を選択する」をクリックします。

拡張子が「.htm」「.html」、プロトコルが「HTTP」「HTTPS」のところにチェックを入れ、保存ボタンをクリックします。これでプログラムの関連付けの設定変更は終わりです。

デスクトップのURLショートカットのアイコンがChromeに変わりました。アイコンをダブルクリックしてみます。おお~!Chromeが起動するようになりました。

まとめ

いかがでしたか?今回はWindows10でURLショートカットの関連付けを変更してChromeで開く方法を紹介しました。

今回の内容をまとめると以下のようになります。

  • URLショートカットとはWEBサイトを開くためのショートカットファイル
  • ファイルの関連付けを変更することで起動するプログラムを変えることができる
  • ファイルの関連付けの変更はコントロールパネルのプログラムから行う

時短のおつまみ

今日のおつまみはコレです!

ブラウザを開いた状態で F11キー  全画面表示

IE、Chromeなどのインターネットブラウザを開いている時にF11キーを押すと、アドレスバーやお気に入りのショートカットなどが消えて全画面表示になります。Edgeでは使えないのであしからず~。

それではまた~。

レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする