エクセルの条件付き書式を使ってカレンダーの土日に色を付ける方法

こんにちは~。「デザインもできるシステムエンジニア」のあつもり(@atumori17)です。このブログではAIスピーカーの使い方やエクセルVBAの情報などを発信しています。

前回はエクセルのTEXT関数を使って、日付から自動で曜日を表示させてカレンダーを作ってみました。

今回は一歩進んで、エクセルの条件付き書式を使ってカレンダーの土日に色を付ける方法を紹介します。

レクタングル大336×280

条件付き書式でWeekday関数を使用する

それではさっそく土日のセルに色をつけてみたいと思います。自動でセルに色を付けるには条件付き書式という機能を使います。

条件付き書式とはセルに入っている値によって、文字の色を変えたり、セルの色を変えたりできる便利な機能です。

こちらが前回作ったカレンダーです。A1セルに年月を入れると自動的にA列に日付が入り、B列に曜日が入るようになっています。

まずは曜日が入ってるセルをすべて選択します。そして「ホーム」タブから「条件付き書式」をクリックします。

「新しいルール」をクリックします。

書式ルールの編集画面で「ルールの種類を選択してください」の下の一覧から

「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリックします。

続いて「次の数式を満たす場合に値を書式設定」のところに

=WEEKDAY(A3,2)=6

と入力し「書式」ボタンをクリックします。

「セルの書式設定」画面が開いたら、「背景色」から好きな色をクリックして「OK」ボタンをクリックします。

すると土曜日のセルが水色になりました。

続いて日曜日の設定をします。さきほどと同じように曜日のセルを選択してから、条件付き書式の「新しいルール」を追加します。

「次の数式を満たす場合に値を書式設定」には

=WEEKDAY(A3,2)=7

を入力します。

セルの色はオレンジ色にしました。

すると日曜日がオレンジ色で表示されました。

以上で土日のセルに色を付ける方法の解説は終わりになります。

WEEKDAY関数とは

さいごにWEEKDAY関数について説明しておきますね。

WEEKDAY関数とは日付から曜日の値を取得する関数です。

曜日の値 = WEEKDAY(日付,週の基準)

週の基準は週の始まりの曜日と数字を指定できます。

週の基準 曜日の値
1 1(日),2(月),3(火)……
2 1(月),2(火),3(水),4(木),5(金),6(土),7(日)
3 0(月),1(火),2(水)……

今回は週の基準は2を使いましたので、土曜日は6ということになります。

ですので下の式は「A3セルの日付の曜日が土曜日の場合、セルに色を付ける」という意味になります。

=WEEKDAY(A3,2)=6

まとめ

いかがでしたか?今回はエクセルの条件付き書式を使ってカレンダーの土日に色を付ける方法を紹介しました。

今回作ったカレンダーテンプレートを使えば年月を変えるだけで、すべての月のカレンダーが自動で作れてしまいます。このように初めにちょっと手間をかけるだけで、次からの作業がぐっと楽になるんですね~。ぜひ活用してみてください。

レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする