エクセルで数字の頭に0をつけて3ケタの連番で表示させる方法

こんにちは~。「デザインもできるシステムエンジニア」のあつもり(@atumori17)です。このブログではAIスピーカーの使い方やエクセルVBAの情報などを発信しています。

連番で番号がついている商品台帳があるとします。数値で入力されている商品番号に、あとから先頭に0をつけて3ケタで表示させたい場合ってありますよね?

その場合、手作業で0を入力していては時間がいくらあっても足りません。そこで今回はエクセルで数字の頭に0をつけて3ケタの連番で表示させる方法を紹介します。

レクタングル大336×280

書式設定のユーザー定義を使って数字を3ケタにする方法

まずは書式設定のユーザー定義を使う方法を紹介します。

まずは変更前と変更後のイメージを見てください。1から10までの数字が3ケタに変わっているのがわかると思います。

まずは変更したセルをドラッグして選択状態にします。その状態で右クリックして「セルの書式設定」をクリックします。

「セルの書式設定」が開いたら「ユーザー定義」をクリックし、「種類」の下のテキストボックスに「000」を入力します。最後に「OK」をクリックします。

「000」は3ケタの数字で表示するという意味で、元の数字が3ケタに満たない場合は、3ケタになるように数字の左側に0を付加します。

  • 1→001
  • 10→010
  • 100→100

数字の頭に0が付加され、3ケタの数字になりました。

書式設定のユーザー定義を使う方法の説明は以上になります。

数式を使って数字を3ケタにする方法

続いて数式を使って数字を3ケタにそろえる方法です。

まずは商品番号の右隣りに空白列を挿入します。

C3セルに

=RIGHT(“00” & B3 ,3)

と入力しENTERキーを押します。

RIGHT(文字列,文字数)

RIGHT関数は文字列の右側から指定した数の文字を切り出す関数です。

RIGHT(“00” & B3 ,3)

ここではまず元の数字の先頭に”00″を付加して、付加した数字の右から3文字を切り出しています。

なぜこんなことをするんでしょう?次の例を見て下さい。

  • 1ケタの場合 ”00″ & 1  = 001
  • 2ケタの場合 ”00″ & 10 = 0010
  • 3ケタの場合 ”00″ & 100 = 00100

となってしまうんですね。つまり1ケタの場合なら、単純に先頭に”00″をつけるだけで3ケタになるのですが、2ケタ以上の数字に”00″をつけると、桁数が3ケタ以上になってしまいます。

桁数を3ケタにそろえるためにRIGHT関数を使うというわけです。

数式を入れたセルが3ケタになりました。このセルをコピーしてそのほかのセルに貼り付けます。他のセルも3ケタになりました。

この列をコピーして商品番号の列に「値貼り付け」します。

商品番号列に3ケタの数字が入りました!数式を入れた列は不要であれば削除してOKです。

以上で数式を使って数字を3ケタにそろえる方法の説明を終わります。

書式設定でユーザー定義を使うほうが簡単なのですが、数式を使う方法はVBAでも使えて応用が効く技ですので覚えておいて損はないですよ。

まとめ

いかがでしたか?今回はエクセルで数字の頭に0をつけて3ケタの連番で表示させる方法を紹介しました。知っておくと無駄な作業時間を大幅に短縮できるので、ぜひ一度試してみてください。

レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする